バイナリーオプション畑でつかまえて
バイナリーオプション畑でつかまえて
ホーム > 現金化 > 還元率と換金率とは一体何か

還元率と換金率とは一体何か

クレジットカードの現金化を行う場合、還元率や換金率といった言葉を聞くことでしょう。

これがわからないと、クレジットカードの現金化を行っても有効に活用することができません。

 

還元率や換金率は、言葉は違いますが同じものです。

たとえば、10万円の商品を購入したとします。

還元率が90%の場合には、9万円がキャッシュバックされることになるのです。

換金率として考えるのであれば、10万円の商品を9万円で買ってもらうと考えればいいでしょう。

 

単純なことではありますが、もしも70%だったらどうなるのかということを考えなければいけません。

10万円の場合であれば、7万円になってしまうことになるのです。

仮に1万円で7千円であれば、そこまで大きな損失にはなりませんが、10万円の場合には90%と比べて2万円もの差が付いてしまいます。

この差は決して小さなものではありませんので、しっかりと検討しなければいけません。

特に金額が大きくなることが予想されるのであれば、この差はとても大きなものになるからです。

 

クレジットカードの現金化の場合には、クレジットカードの金利手数料もかかります。

2重にかかることになりますので、できるだけ高い還元率にすることが必要だといえるでしょう。

 

ただし、あまりに高い還元率を提示してくる業者は、問題があることもあります。

一般的な相場としては、80%ぐらいとなりますので、業者を利用していくことを考えているのであれば、よく考えて選びましょう。