バイナリーオプション畑でつかまえて
バイナリーオプション畑でつかまえて
ホーム > バストアップ > バストが垂れる原因

バストが垂れる原因

胸が垂れてしまう原因というのは、下記のように一つだけではいくつか存在します。

 

ホルモンバランスの乱れ

加齢はもちろん20代の方でもストレスや生活習慣の乱れや過度なダイエットによって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少してホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。

そうなると、女性ホルモンによるバスト維持に働きかける乳腺刺激が行われなくなってしまうので、おのずと胸の位置が下がってしまいます。

 

筋肉の衰え

胸の位置をキープする筋肉である「大胸筋」が、加齢や姿勢の悪さ(猫背)とともに衰えることで、胸を支えられなくなって垂れてしまうこともあります。

 

産後

妊娠中というのは、ホルモンの働きが活発になることで、乳腺が刺激されて乳腺脂肪が通常よりも増加します。

ですが、産後というのはこの状態が一気に変わるために、乳腺脂肪も急激に減少してしまって、パンパンに張っていた皮膚がしぼんでしまうことから、垂れたような状態になってしまいます。

 

クーパー靭帯が切れたり伸びたりする

内部から胸を支える役割のクーパー靭帯ですが、以下のようなことが原因となって切れたり伸びたりしてしまうことで胸の位置がさがってしまい、切れてしまった場合は手術以外では修復不可能とされています。

○ランニングやダンスや縄跳びなどのスポーツによる振動

○1日に何度もバストアップマッサージを行う

○ブラジャーをつけずに就寝